せいらのますますHappy Diary♫

保育業界からOLへ華麗なる転身♫美容・健康・ファッションといった女性らしいものから、グルメ・時事ネタ・雑学・漫画アニメまで何でも大好き♫日々の徒然なるHappyを書いていきます♫

茨城県の偉人、詩人の野口雨情〜動揺“しゃぼん玉の作詩家〜

f:id:mart_staff:20191113194516j:image

こんばんは!

今しがた、自宅近くで茨城県の友人にたまたま会いました☆せいらです♪

 

今日11月13日は、茨城県民の日ということで、茨城県出身の偉人について調べてみました♪

 

すると、子どもの頃から馴染みのある、童謡をたくさん作られている、“野口雨情(のぐちうじょう”という詩人の方を発見しました♪♪♪

 

代表作は、

赤い靴

七つの子

しゃぼん玉

 

などなど♪♪♪

一度は聴いたことや口ずさんだことのある曲ばかり!!!

 

ということで、歌詞と共に思い出を振り返ってみたいと思います♪

 

 

f:id:mart_staff:20191113194247j:image

赤い靴

********************

赤い靴はいてた  女の子

異人さんつれられて  行っちゃった

 

横浜の埠頭(はとば)から  船に乗って
異人さんにつれられて  行っちゃった

 

今では青い目に  なっちゃって
異人さんのお国に  いるんだろう

 

赤い靴見るたび  考える
異人さんに逢(あ)うたび  考える

********************

 

子どもの頃からこの曲を聴くと、なんとも言えない切ない、寂しい気持ちになります。

メロディーの切なさはもちろん、歌詞だけをみるとより切ない内容です。

実在のモデルがいますが、その話がまた切ない!!

↓↓↓

赤い靴のふるさと│特集│日本平観光組合

 

f:id:mart_staff:20191113194434j:image

七つの子

********************

カラスなぜ鳴くの  カラスは山に
かわいい七つの子があるからよ

 

かわいかわいと  カラスは鳴くの
かわいかわいと  鳴くんだよ

 

山の古巣へ  行ってみてごらん
丸い目をしたいい子だよ

 

山の古巣へ  行ってみてごらん
丸い目をしたいい子だよ

********************

 

これは、私の地域では夕方のチャイムの音でした♪

このメロディーが流れると、もう帰る時間。

友達との別れが名残惜しいと共に、今日のご飯は何かな?と楽しみに帰っていたことを思い出します♪

 

f:id:mart_staff:20191113194442j:image

しゃぼん玉

********************

シャボン玉とんだ  屋根までとんだ
屋根までとんで  こわれてきえた

 

シャボン玉きえた  とばずにきえた
うまれてすぐに  こわれてきえた

 

かぜかぜふくな  シャボン玉とばそ

 

※上記の3フレーズを繰り返し

********************

 

野口雨情が詩を書いた曲は、切ない雰囲気の曲が多いのですが、これはその中でも明るい方かなと思います♪

“しゃぼん玉”は、保育士時代に園児と散歩に行ったり、実際にしゃぼん玉で遊ぶ時の定番曲!

ですが簡単なようで、“かぜかぜ”から急に音が高くなるので、子どもにとっては実は難しい曲でもありました♪

 

さいごに

音楽、歌がもともと好きで、特に童謡は子どもの頃からの要所要所での場面と重なり、今でもその場面があると思わず口ずさんでしまいます♪

例えば満月をみると、

“うさぎ〜うさぎ〜何みてはねる〜♪”

雨が降ると、

“あめあめふれふれ母さんが〜♪”

などなど♪♪♪

実はじっくりみると、意外と歌詞の内容が深かったり、短い言葉で情景がみえるように表現されていたり、奥深い世界観があるのが、童謡の魅力の一つ♪

そんな魅力に久し振りにふれて、気持ちがほっこり満足な、せいらがお届けしました!

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎  

はてなブログ登録&Twitterフォローを

よろしくお願いします♪  

mart_staff (@staff_mart) | Twitter  

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎